Global Scanning Center

最新の高度医療機器を装備したGlobal Scanning Centerの展開

CT Scanner

日本においては、高度医療機器(CT・MRI)の人口当たりの保有台数は、
世界で断然トップにも関わらず、地域格差が大きいことや
画像診断医・放射線技師の数や個々の能力差が待機時間を生じさせ、
特に首都圏においては、その時間の長さが問題となっています。

保有台数と稼働実態のギャップを埋め、大規模な医療機関だけではなく、
中小規模の医療機関への経営資源の効率化についても、
画像撮影診断クリニック = Global Scanning Center の展開により図られます。
また画像診断検査がアウトソーシングされることにより、
医療機関が高額医療機器を導入する負担を減らすことができます。

Global Scanning Centerは、国内大手の医療機器メーカーとの提携により
定期的に最新医療機器の導入が図られ、画像検査・診断の精度が向上されます。

アジア圏においては、まだその台数が少ないため、
精度の高い医療機器の配備と共にAI画像診断サービスを活用した
画像診断グローバルネットワークを構築することにより、
Global Scanning Center は、医療精度の向上にも寄与します。

Global Scanning Center